実印の作成でネット通販を利用

私が1番最初に印鑑をネット通販で購入したきっかけは、
初めて自動車を購入するのに実印が必要だったからです。
大型スーパー等に入っている印鑑専門店で、実印作成をすると
幾ら位になるか聞きましたが、
安い物でも5000円以上の値段はしていました。
楽天で印鑑が安く買えないか調べたところ、
実印が1500円程で購入できるショップがありました。
印鑑本体の素材は特に気にしておらず、実印としての機能が
果たせれば良いので、書体と文字を選んで注文をしたところ、
後日印面のデザインをメールで送ってくれました。
そのまま作成依頼をし、満足のいく印鑑が1週間程で届きました。
印鑑本体の素材にとことんこだわる方は、実店舗で作成をした方が
確実かと思いますが、使えれば問題ない、という方はネット通販が
便利だと思います。

子供用の銀行印を購入しました

子供が産まれてから、子供名義の銀行口座を作る時に初めて印鑑の通販を利用しました。
初めての子供名義の口座ですから、届出印は百円ショップの印鑑ではなくきちんとした銀行印対応の印鑑を使いたかったのです。
とは言っても印鑑ショップで購入すると意外とお値段が張るので、もう少しお手頃な価格が揃っている印鑑通販を利用した次第です。
ちょうど同じタイミングで夫の実印も購入したいと考えていた為、実印と銀行印がセットになっている商品を購入しました。
当初の予定よりだいぶ安く買えたうえに商品もしっかりした造りになっていたので、大満足でした。
これで子供の為の預金に励めます。

印鑑登録証明書の登録方法と申請方法

印鑑登録と言うのは、印鑑登録証明書を市役所で登録すると、登録された印鑑として証明されるので、公的機関や公的文書で効力を発揮するようになります。
登録方法は、印鑑登録したい印鑑を持参して市役所で登録申請書に記入すると、その印鑑が登録されることになります。
そうしておくことで印鑑証明証の発行をしたい時に、本人の場合は印鑑登録カードを持参、
代理人の場合には、印鑑登録カードを持参して、申請書に代理人でる旨の記述が必要になります。
手数料は数百円で、その場で印鑑証明書の発行をしてもらえます。